新事務所 製作中!!

SALVAGE事務所、及びOLD SACRAMENTO工房を造ってます!

木工と鉄工の作業場を一つの屋根にすることで、

作業性UPが期待できます!ただ今スタッフ総出で屋根かけ作業中です。

 

 

 

 

とは言っても、日々の仕事に追われる立場…

思うようには進んでません(汗)

 

 

 

 

今回の移転先は敷地も広いことから、更なる展開を考えています。

どなたでも気軽に立ち寄っていただけるショールーム

もちろんそこにはショップも併設する予定です。

実際に見て触れることが出来る古材売り場も敷地内に設置します。

そして、これまで小出しにしかお伝えしていなかった

モービルホームの製造販売も本格始動開始です!

 

 

 

 

移転の進行状況は随時お知らせいたします!

ご期待ください(@^^)/~~~

 

LINEで送る
Pocket


戸建て住宅に古材のオーダードア

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

すっかりご無沙汰してしまいました!

 

 

久々に施工例をご紹介したいと思います。

一般のお客様から、戸建住宅のオーダードアの依頼を頂きました。

 

 

1階の洗面所の入口ドア古材のかっこいいドアにしたいとのご希望。

メーカー品には気に入ったものが見つからない。

建具屋さんを探しても、今では職人さんが少なくなり、お願い出来るところがなかなかない。

見つけてもかなりご高齢の建具職人さんで、「ビンテージ風にしたい」と言っても、

ニュアンスが伝わらなかったり…という事もあったようです。

 

 

木とアイアンのオーダードアは、SALVAGEの得意分野。

お任せくださ~い!(^^)!

 

 

 

古材のドアは、お風呂の湯気などの湿気・カビが気になるので、

工夫しました。

下が可動式のルーバーで、換気扇による換気で風が通るようになっています。

dsc_1262

 

 

 

裏から見たところ。

dsc_1268

 

 

 

ちなみにお気づきでしょうか?

表と裏、デザインをちょっと変えてます(*^^*)

ドアの表(廊下側)は、上部の古材を市松模様のように斜めに配置。

おしゃれな表示錠と、木&アイアンの取っ手。

シャープなデザインでかっこいいです。

dsc_1271

 

 

 

裏側(室内側)は、上部の古材をフローリングのように縦に配置。

ハンドルはシルバーハンドルにしました。

 

dsc_1266

 

 

 

側面から見ると、こんな感じです。

dsc_1269

 

 

 

表と裏でデザイン違いという、遊びごころのあるドアが出来ました♪

ぴったり合うサイズに出来るのがメリットですが、

こんな感じでデザインや素材で遊ぶことが出来るのも、オーダードアの醍醐味です(*^^*)

一般のお客様にはオーダードアって、なんだかお願いしにくいし、

どこへ頼んだらいいかもわからない。

金額も高そう…

と、敷居が高いと思うのですが、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

建具は、気軽に模様替え出来ないもの。

だからこそ、シンプルではなく、こだわりの素材・デザインのドアにして、

これから先、10年・20年・30年…と長く楽しんで頂きたいです。

建具にこだわることで、その空間の壁・床材、そこに置く家具などがイキイキしますよ♪♪

LINEで送る
Pocket


戸建て住宅に露出配線

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

今日は、一般住宅の施工例をご紹介したいと思います。

 

 

 

こちらのお宅ではリフォームの際、エアコンの位置を窓の反対側に移動しました。

この場合、コンセントを移設出来ない壁の構造だった為、

配線を露出させて反対側へ持ってくることに。

通常、エアコン配線は壁の内部へおさめるところを、

あえて見えるように壁の外側を伝うように配線しています。

dsc_1251

 

 

 

内装は白無地の壁で、ごくごくシンプルな空間でも、

そこに露出配線してみると、どうでしょう?

なんだかググッとインパクト出たと思いませんか?

 

 

 

無機質な感じで、よりインダストリアル(工場テイスト)な雰囲気になり、

エアコン配線がインテリアのアクセントに~!

おぉ~(≧◇≦)

存在感かなりあります~。

dsc_1250

dsc_1252

 

 

 

これは、パイプの中に配線を通して、かっこ良く見せるのと同時に、

な~んとカーテンレールも兼ねていて、実用性もあるんです。

dsc_1255

dsc_1256

 

 

 

カーテンって、下手すると柔らかいイメージや女性らしいイメージで、

かっこいい空間にしたい場合は、敬遠する方も多いんですね。

 

 

でもカーテンレールを、アイアンのシンプルな棒状のデザインにして、

例えばカーテンもひだなしのフラットカーテンなんかにすると、

ブラインドでなくても、かっこいい雰囲気になりますよ。

インダストリアル、ヴィンテージ、モダンなどの男前なインテリアテイストに良く合います。

あえて、ナチュラルな空間に、こんな感じのハードなものを1つ加えてみるのも素敵です。

 

 

 

いいね~!(^^)!

うちもやってみたい!と思った方!

露出配線の工事を嫌がる電気屋さんも多いので、対応してくれる業者さんを

探してみてくださいね。

当社は対応していますので、ぜひご相談ください(*^^*)

LINEで送る
Pocket


戸建住宅にガス管照明

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

販売部門 サルベージでは、オーダーでオリジナル照明の

製作をしています。

 

 

例えば、インダストリアル(工場テイスト)・ヴィンテージなど、

オトコマエな空間にぴったりの「ガス管照明」もつくっているんです!!

 

 

え????

ガス管照明???

想像できない!!!

というアナタ。

 

 

 

戸建住宅の施工例をみてくださいな。

ガス管にLED電球を埋めた照明になります。

dsc_1159

 

 

 

 

そして、照明だけではかっこいい雰囲気にはならないので、

空間全体の素材も照明に合うような仕上げにしていきます。

 

 

 

壁は窓側の一面だけを、アクセントクロスのように木の板を

張っています。

画像が小さくて、わかりづらいかもしれませんが、

これは、レッドシダーのラフソーン仕上げです。

dsc_1162

dsc_1164

 

 

 

古材まではちょっと行き過ぎだけど、フツーの木よりは

表情が欲しい場合、この「ラフソーン仕上げ」が

人気なのです(*^^*)

あんまりハードにし過ぎるのはちょっと…ってとき、

ありますよね?

 

 

 

詳しくみていくと…

 

レッドシダーとは樹種の名前です。

「レッドシダー」と略して呼ばれることが多いですが、

日本では多くの場合、「ウエスタンレッドシダー」を指します。

01

 

 

アラスカ南部~カリフォルニア北部にかけての

広大な土地に分布する、木材です。

北米で古くから親しまれてきました。

 

 

<レッドシダーの特徴>

①魅力あふれる外観

赤褐色~淡黄色で、温かみのある色の濃淡があります。

自然素材の特徴なので色を統一することは出来ないのですが、

その色のバラツキを内装材に使うと、木の表情に味わいが出て、

とっても魅力的なんです。

 

②優れた耐久性

針葉樹の中では1番優れた耐久性を持っています。

腐ったり、虫害や湿気に対する耐性に優れているのです。

 

③加工しやすい木材

低密度と低収縮率の為、他の木材に比べて寸法の狂いが少ないです。

長く、安定した状態で使うことが出来る安心さがあります。

 

 

④保温と断熱性に優れる

低密度の為、優れた断熱性を持っています。

 

 

⑤独特の甘い香り

独特の甘い香りがあり、リラックス効果があります。

 

 

 

木材だけでも魅力的なのですが、

表面をノコビキ(ラフソーン仕上げ)にして、

のこぎりでひいたようなザラザラした仕上げにすることによって、

古材風の味わいが出て素敵です。

1063

 

 

 

こんな感じで、内装材のテイストをつくりこんでいくことで、

よりかっこいい空間ができますよ。

 

 

この木の壁があるからこそ、ガス管照明が映えます!!!

見た目、ハードル高そうですが、シンプルなので、

自然とインテリアになじみます。

 

 

店舗だけでなく、ぜひ一般住宅のかっこいい空間づくりにも

活用してくださいね(*^^*)

LINEで送る
Pocket


一般住宅の鉄柵工事

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

ちょっと前にさかのぼるのですが、9月中旬に「鉄柵工事」に行ってきました。

 

 

現場は都内某所。

全面ガラス張りの3階建て一般住宅です。

設置する場所は…屋上!

 

 

まず「ホイスト」という、電動のウィンチでワイヤーロープを使って

荷物を上げ下げする装置で、屋上の設置場所まで引き上げます。

 

 

製作した鉄柵の上を固定するだけでは、上げる時に揺れて、

建物のガラスにぶつかります。

か弱い女性スタッフが2人がかりで、下をロープに固定。

とても力のいる作業です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-25

 

 

階下も通行人が道を歩いているので、鉄柵が落下しないよう、

注意深く引き上げなければいけません。

一気にシューッと上げられないので、ソローリソローリと

ゆっくり引き上げること…

なんと数時間( ゚Д゚)

 

 

商品が屋上に上がってから設置作業です。

ふう~。。。。

やっと完成!!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-16-14-53-53

 

 

 

ガラス張りの住宅に鉄柵で、かっこいい雰囲気になりました(*^^*)

 

LINEで送る
Pocket


オーダーの照明(インダストリアル)

サルベージではオーダーでの照明製作もさせていただいてますが、前回の改装店舗から良い例がありましたのでご紹介します。

 

前回のブログにも写真をアップしましたが、Barの店内に設置したインダストリアル照明です。

DSC_3953

配線はあえて露出にすることで空間の演出にもなっています。

 

 DSC_3943

スイッチ関連も露出にて統一し調光機能で部屋の明るさも自在です。

バルブは柔らかい光とビンテージ感が魅力のエジソンバルブを使用しましたので、雰囲気もグッと締まりますね!

DSC_3941

店内にあまり目立ってほしくないブレーカー類もアイアンでカバーを製作して仕上げました。

 

今回は店舗用の照明を紹介しましたが、もちろん一般住宅や新築などで使用可能なオリジナルの照明製作も可能ですので気軽にご相談ください!

LINEで送る
Pocket


アイアン&古材を使用した店舗施工 その②

前回から少し時間が経ってしまいましたが、前回のブログの続きを書いていこうと思います。

店舗改装の後半戦ですね。

工事も完了し、写真もまとまったので完成までを振り返っていきます。

 

前回ブログでは、入り口のファサードの取り付けまででしたが、これに重厚感あるアイアンの扉を取り付けました。

 

写真 2016-04-23 16 11 16

店内も皆で一気に納めていきます。

写真 2016-04-23 16 11 31

カウンター内部の収納も抜かりなくかっこよく納まりました。

自宅にもこんな収納があったらたまりませんね!

2016051721

 

そしてカウンターです!

古材のビームを大胆につなぎ合わせ、サンディング後のウレタン仕上げですので安心です。

天板だけでも4人がかりで搬入となりました(汗)

写真 2016-04-23 14 46 51

今回は照明にも力が入ってます。

配線関係は露出でインダストリアルな雰囲気を強調しました。

2016051712

統一感があってとてもかっこいいお店に仕上がりました!

特に男性の心をくすぐりそうですね。

 

2016051702

2016051735

 

いよいよオープンということで、今後を楽しみにしています!

ありがとうございました!

写真 2016-05-17 12 58 17        

 

LINEで送る
Pocket


アイアン&古材を使用した店舗施工

 

今日は撮りためておいた写真をUPして、ざーっと今月の施工を振り返ってみようと思います。

 

今月は都内にてBARの店舗施工が進んでおりました。

サルベージの得意とするアイアンと古材を使用した内装に仕上がっていく予定です。

 

まずは解体工事をしてまっさらな状態に戻します。

解体って、意外と面白いんですよね。

写真 2016-03-16 11 03 06

 

床はコンクリート仕上げにするため、さっぱりとした室内にコンクリートを流しました。

これでフラットになりましたね!

写真 2016-04-06 8 35 12

写真 2016-03-16 16 26 40

写真 2016-04-06 9 14 46

 

そしてお店の顔でもある正面のアイアンのファサードも取り付けました。

後ほど取り付けるドアも楽しみですね!

いや~、しかし重かった。。

写真 2016-04-02 11 44 32 (1)

製作は鉄班のコシゲさんですね。

大きいので大変そうでした。

写真 2016-03-29 14 45 08

 

今月中の完成なので完成後をまたお見せできればと思います!

 

LINEで送る
Pocket


リフォーム×古材

やっと春らしくなり、日中の現場作業が快適になってうれしい限りですね。あとは花粉に強い快適な身体があれば苦は ないのですが。。(笑)

というわけで箱ティッシュを相棒に先日は、プチリフォームをしておりました。

お客様ご自宅のリビング壁一面を古材で仕上げさせていただきました。

 

使用した古材はこちら↓

写真 2016-03-29 17 48 35

写真 2016-03-29 17 48 12

古材を薄く加工したもので多目的に使用できるオリジナル古材です。

厚みは6mm~15mm程度で揃っており、幅の広いものと狭いもので2種類のワイドから選べます。

写真 2016-03-23 13 09 07

今回はお客様のご意向で茶系とシルバーの混合で壁を貼らせていただきました。

あえて板の厚みは揃えず凹凸を出したいということでしたので味のある良い雰囲気に仕上がったと思います!

写真 2016-03-23 13 08 21

 

早速家具を配置して、完成ですね。

この度はありがとうございました!!

写真 2016-03-23 14 49 34

 

LINEで送る
Pocket


現場と工房

ブログでは現場の投稿から遠ざかっておりましたので、ちょっとその辺りのシーンを載せたいと思います。 今は都内のスタジオ様の工事をさせていただいていますが、建具を吊ったりと忙しくしている現場です。

写真 2016-02-16 10 16 52

写真のセンスがほぼない感じですね(笑)。 完成後はちゃんと撮りたいと思います。

写真 2016-02-20 17 14 31

自社工房では鉄組がせっせとアイアンワーク。 バチバチとまさに製作中ですが、これも上の写真の場所に取り付けられます。   楽しみですね~☆

LINEで送る
Pocket