古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン

今日は前回に引き続き木材のお話しなんかをしたいと思います。

とてもかっこいい木材なので是が非でも紹介したいと思っていたものです。

それがこちら! ↓

SALVAGE【サルベージ】スタッフブログ 古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン 画像01

ブルーステインは本来の木色とブルーとのコントラストが独自の雰囲気を持っている木材です。

こちらは主にアメリカやカナダの北米で取れる材で、アメリカでは〝デニムウッド〟という名前で売られていることもあるようです。

SALVAGE【サルベージ】スタッフブログ 古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン 画像02

表面には小さな穴が見受けられますが、これはパインビートルによる青変菌が影響してこの様な独自のブルーになるそうです。

勿論、材には虫はおらず、木材の強度も問題ありません。

表面はあえてかっこよくハードに仕上げており、ザラザラとした粗材加工。

アイアンや古材、ヴィンテージの家具との相性もよいので空間をかっこよく演出する事ができます!

こちらは事務所の照明とカウンター↓

SALVAGE【サルベージ】スタッフブログ 古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン 画像03

SALVAGE【サルベージ】スタッフブログ 古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン 画像04

SALVAGE【サルベージ】スタッフブログ 古材とは別の存在感が魅力のブルーステイン 画像05

カウンターはサンダーをかけて滑らかな仕上がり。

この材料で家具や什器など製作したら面白いものができそうですね。

もう作ってるんですが(笑

LINEで送る
Pocket