戸建て住宅に露出配線

こんにちは。内勤スタッフのkuniです。

今日は、一般住宅の施工例をご紹介したいと思います。

こちらのお宅ではリフォームの際、エアコンの位置を窓の反対側に移動しました。

この場合、コンセントを移設出来ない壁の構造だった為、

配線を露出させて反対側へ持ってくることに。

通常、エアコン配線は壁の内部へおさめるところを、

あえて見えるように壁の外側を伝うように配線しています。

dsc_1251

内装は白無地の壁で、ごくごくシンプルな空間でも、

そこに露出配線してみると、どうでしょう?

なんだかググッとインパクト出たと思いませんか?

無機質な感じで、よりインダストリアル(工場テイスト)な雰囲気になり、

エアコン配線がインテリアのアクセントに~!

おぉ~(≧◇≦)

存在感かなりあります~。

dsc_1250

dsc_1252

これは、パイプの中に配線を通して、かっこ良く見せるのと同時に、

な~んとカーテンレールも兼ねていて、実用性もあるんです。

dsc_1255

dsc_1256

カーテンって、下手すると柔らかいイメージや女性らしいイメージで、

かっこいい空間にしたい場合は、敬遠する方も多いんですね。

でもカーテンレールを、アイアンのシンプルな棒状のデザインにして、

例えばカーテンもひだなしのフラットカーテンなんかにすると、

ブラインドでなくても、かっこいい雰囲気になりますよ。

インダストリアル、ヴィンテージ、モダンなどの男前なインテリアテイストに良く合います。

あえて、ナチュラルな空間に、こんな感じのハードなものを1つ加えてみるのも素敵です。

いいね~!(^^)!

うちもやってみたい!と思った方!

露出配線の工事を嫌がる電気屋さんも多いので、対応してくれる業者さんを

探してみてくださいね。

当社は対応していますので、ぜひご相談ください(*^^*)

LINEで送る
Pocket